DIYメンテナンスのページ(Ninja ZX-14R編)
Ninja ZX-14R関係のメンテナンス記録です
お約束ですがDIYはあくまで自己責任にて

・スマホホルダー取り付け
 元々地図を見て特に問題なく移動は出来ていましたが、
 スマホを使ったナビで現在地がわかったり、
 お店などの特定の場所へ行きたいときに道案内をしてくれるのはやはり便利です。

 ただ・・・
 ハンドル周りが妙にごちゃ付くのは嫌なのと、
 市販ステーは所詮は汎用品なのでかなり手前に来てしまったり、
 メーター類が見づらくなるのが嫌で使っていませんでした。

 そんなある時、ZZR1400で比較的綺麗にまとまって載せている車両を見たので
 真似をして取り付けてみました。

  取り付ける機材です。

 モトフィズから発売されている
 MF-4700 デジケースマウントセット(ステムタイプ)
 です。

 これを使ってトップブリッジにスマホを設置します。
 装着するとUSB電源が必須になるので色々と検討しました。

 その1:シガーソケットを車体に取り付けてアダプタを設置
  ・利点
   ・車用のアダプタが使えるので安価に出来る。
   ・アダプタが壊れても調達が容易。
  ・欠点
   ・置き場所に困る(特に水濡れ対策)
   ・サイズが大きい

 その2:バイク用のUSB電源キットを使う
  ・利点
   ・(ある程度)防水対策がされている
   ・比較的DC/DCコンバータ部分は小型なものが多い
  ・欠点
   ・車用と比べて値段が高価
   ・完全防水ではない
    アダプタそのものはどうも車用と大差ない?

 ・・・というところで自動車用のDIYアクセサリを販売しているエーモンから
 キャラメル大程度の大きさでUSB電源が取れるアダプタが販売されていることを知り、
 それをチョイスしました。

 購入した製品は
 [2880]USB電源ポート
 です。

 後日談になりますが、似たような製品でLEDイルミ付きのものが安く売られていました。
 当初は、ハンドル部分に着ける可能性も考えてイルミのないこの製品を選びましたが
 こちらでも良かったなと思っています。

 ・USB電源アダプタの取り付け
  雨濡れ等も考慮するとカウル内部になります。
  電源は他の人のHPを参考にして、ポジションランプの配線から取ることにしました。

  車体の配線に加工をしたくなかったので、割り込み配線を作ってそこから分岐させます。

   左側ポジションのコネクタ

  ポジションランプの電源系統を配線図から調べてみると、
  左右ポジションランプ、リヤテールランプ、ナンバー灯の配線になっていました。
  良くETC電源を取るシート下のナンバー灯と同じ電源系統です。

  配線の色のうち、

  赤色:+12V
  黒/黄:アース

  です。

  この防水コネクタの間に分岐中継ハーネスを作成して電源を取ることにします。
  コネクタは、ホームセンターやカー用品店、バイク用品店では売られていません。

  たまたま見つけたHP(長野二輪さんのHP:リンクは2015.12現在)

  でやられていたのでお聞きしてネット通販で購入しました。

  品物は、
  住友電装(リンクは2015.12現在)
  の090型端子を使った防水コネクタで
  ハウジングは6188-0624(オス)、6189-0264(メス)
  のようです。

  コネクタキットとしては、

  2P090型TS防水オス端子側カプラキット/2P090WPKTS-M
  #トヨタ純正部品 90980-11155 も同じみたい?

   2P090型TS防水メス端子側カプラキット/2P090WPKTS-F
  #トヨタ純正部品 90980-11156 も同じみたい?

  となるようです。

  私は配線コム(リンクは2015.12現在)
  より購入しました。

   圧着していきます

  このコネクタですが、端子のロック機構がオス、メス共にあります。
  
    白い出っ張っている部品がロック機構

  端子を奥までしっかりと挿入すると、

  ”カチッ”

  ・・・と音がします。
  左右共に挿入した後、この白い部品を押し込んでロックさせます。

   作成した分岐ハーネス

  USB電源は、シート下で使っている同じく住友電装製のMTWシリーズのコネクタを使い、
  #こちらはエーモンやデイトナから発売されています

  電源の極性も合わせておきました。
  #こうすることで万一の故障の場合にもシート下のシガーソケットが使えるので

  完成後、導通確認をすると・・・ ポジションランプが点灯しない(汗)
  確認すると、防水コネクタの部分で配線が切れていました。
  圧着不良だったようです。

  端子のスペアはないので、しばし考えた結果・・・

   半田付けでリカバリー
  防水シールはこのように取り付けます。

 ・分岐コネクタを車体に取り付け、USB電源をエアダクトに貼り付けます
  
  インシュロックである程度まとめておきました。

   USB電源はエアダクトに貼り付け

  裏から手を回してUSBケーブルを脱着出来る程度の高さに貼り付けました。

 ・USBケーブルをトップブリッジまで引き回します
  メインキーの配線が左側フロントフォークのところに引き回されていますので
  それに沿うようにUSB延長ケーブルを引き回しました。

  ケーブルは100円ショップのセリアで売られていた60cmの延長ケーブルが
  メス側コネクタの形状が好みだったのでそれを使いました。

   適時インシュロックで固定

   三つ叉部分のクランプに通しました

   USBメス側はトップブリッジに両面テープ止め

  よくある延長ケーブルはメス側コネクタの外側金属がむき出しになっていますが、
  セリアの60cmのケーブルはモールドで覆われています。
  このタイプで黒いものが欲しくて探しました。

 電源については以上で完成です。
 続いて、マウントの取り付けです。

 ・マウントの仮設、確認
   ゴムブッシュの取り付け

  この製品はステムの穴にゴムブッシュを挿入し、ねじ込んでゴムが広がることで固定しています。
  ZX-14Rの場合には16パイのゴムブッシュを使います。

   押し込んでM6 HEXボルトを締め込み

  締め込んでみましたが・・・ ここで問題発生!

  ・奥のナットが空回りしているようで上手く締まらない
  ・緩めようとしても空回りしているようでこれまた上手く緩められない

  ・・・ううむ・・・

  フェンダー側からレンチを入れて回り止めしないとダメですね・・・
  で、手持ちの工具で試してみると・・・

   エクステンションの長さが厳しい(汗)

  300mm位のエクステンションが必要なのですが、
  フェンダーとステムホールのクリアランスが150mm程度しかありません。
  150mm以下のエクステンションを何本か繋ぎ合われて回す必要があると解りました。
  #タイヤを外しても出来ますが、たかだかここのボルト回すためだけに・・・ねぇ?(^^;

  工具は後で手に入れるとして、取り付け位置の確認をしました。

   これまた・・・う〜む・・・

  所詮は汎用品です。
  色々と問題がありました。

  問題点
  1.メインキーの抜き差しがやりにくくなる
  2.キーの抜き差しがやりやすくなる位置に調整すると、
    ハンドルを切った時にケースがタンクカバーに当たる

  これを選んだのは、ホルダーの高さが低かったというのが理由の一つなのですが、
  干渉すると言う点は高さが低いのが原因?

  ・・・ということで、ステーを持ち上げればいいのだろう・・・
  ジャンク箱の中に入っていたワッシャを適当に挟んで再試着してみます。

   高さを上げて様子をみてみます

  上げたほうがタンクカバーとの干渉もしなくなりますし、
  キーの抜き差しも楽になりした。
  色々と試した結果は・・・

   こんな感じかな?

   15mm位下駄履かせれば良さそうです

  この結果を基にして、アルミカラースペーサー、M6ボルトを調達しました。

   Nプロジェクト製のカラーを購入

  ステムの穴径が16パイありますので、それ以上の外形で15mm程度のカラーが必要です。
  webで探してみたり、店頭で見たところではM6だと外形が少々小さかったので
  穴径が大きいのは覚悟の上でM10のカラーを選びました。

  大径ワッシャであればM6のもので適合品はあったのですが、
  枚数が必要なため案外と費用がかかるのと、ワッシャの段差が気になったので今回は除外しました。

   位置決めの後本締め

   裏から回り止め

  センタースタンドを立てて、ジャッキ等を使ってフロントタイヤを浮かせる位フロントフォークを伸ばすと
  150mmのエクステンションをステムの穴の中に入れることが出来ました。

  それでも長いエクステンションから入れないと継ぎ足すことが出来ませんでした。
  今回は150、100、75mmと繋いで締め込み。

   取り付け完了

  後日、ツーリングに行ったときに角度の微調整をしました。

   100円ショップのタッチペンを追加

  グローブしたままで操作が出来るように、
  タッチペン+キーストラップのコイルワイヤーを組み合わせてバッグに取り付けました。

 使ってみると・・・
  ・バイクの場合は走行中に確認するのはなかなか難しいですが、
   それでも停車して即見ることが出来るというのは良いです。

  ・雨の日でも浸水することはありませんでした。
   ただし、ジッパーから多少は浸水するようでビニール部分が曇ってきますから
   長時間放置は良くないと思います。

  ・気温が25℃を超える季節(6〜9月頃)は
   太陽光の熱によりスマホが過熱して充電できなくなったり
   再起動してしまうトラブルが発生しました。

   これについてはジッパーを多少開け、
   しばらく走行して外気を導入すると回復するケースもありますが
   基本的にはそうなった時点でスマホを日差しから避けるようにする必要があります。

   真夏の日中は常時使用は無理と思った方が良いです。

 ナビが使えるのは便利ではありますが、
 スマホは車載機器とはやはり異なるので多少使い方を工夫する必要がありますね。

TOP  単車と車のお部屋TOP